スタッフブログ

芳野一希

営業部

12月

こんにちは。

気が付けば2020年も12月。事務所のカレンダーが残り一枚になりました。

去年の12月は記憶に残る出来事が何かと多く、あれからもう一年・・・と啞然となります。

2020年は誰もが経験したことのないような年でした。

『コロナ、3密、緊急事態宣言、自粛、ソーシャルディスタンス、密です』

この言葉を何回聞いたことでしょう。なんだかこの環境に慣れてきてしまった自分もいます。

とは言え、引続き、対策は万全にしたいものです。

 

話は変わり、川木建設では月に1回“学びの会”という勉強会があります。

各部署が順番に講師を務め、11月の担当は我々営業部でした。

今までは本社4階に社員が集まり、いわゆる“密”な状態で実施していましたが、今は勿論“リモート”です。

密にならないよう社員は自席・現場から各々見ることができるリモートでの実施。

例年とは異なり人前に立ち講師をすることはない・・・緊張感があるのだろうかと思い臨んだ当日。

そこにはとてつもない緊張感が・・・。

 

当日の私の視界です。目の前には上席の方々と企画室長。

誰もいない部屋で1人でパソコンに向かい講師をするものだと思っていましたが、

皆様にお集まりいただき、今年はいつもと違う意味でとても緊張しました。(良い意味の緊張感です)

何はともあれ・・・、およそ30分の学びの会をなんとか実施し、営業部の日常を社員に伝えることができ良かったです。

 

12月。

なにかと忙しない時期ですが、見えない敵と戦いながら、心と時間に余裕を持ち行動をしていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

池澤晴雄

営業部 担当マネージャー

OBの一言

昨日、川木建設のOBの先輩が来社されました。

「企業の敵は他社ではない」、他社はライバルであり、お互いに高めあうものである。

そして、「企業の敵は社会の変化」であると、おっしゃてました。

コロナ禍の現在、まさに、きびしい社会の変化です。

また、ダーウインの進化論をまじえて

「生き残るものは、大きいものでも、力の強いものでもない。環境の変化に対応した

ものである。」とも。

変えてよいものと変えてはいけないものを確認しながら、CSR活動の中、地域の信頼を

もとに地域社会に貢献してまいります。

これからも、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

獅子倉賢治

営業部 課長

年末に向けて

こんにちは。獅子倉です。
先週、私たちの事務所に来年のカレンダーが届きました。
今年は新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、様々なイベントや
行事が中止となり、気が付けば年末を迎えようとしています。

そのような中で、ほんの少し季節の変化を感じようと
自宅近くのお寺の紅葉を見に行きました。
紅や黄に色づいた葉が鮮やかで、眺めているだけでも
明るい気持ちになりました。

 

話は変わりますが、先日、知り合いから「今年のクリスマスは
サンタクロースが来てくれるのか子どもたちが心配している」
という話を聞きました。
枕元には靴下と一緒にアルコール消毒のスプレーを置くとか
大きなマスクを置いておくとか、いろいろな対策も
考えているようです。
何よりもまずは、サンタさんが健康な体で無事にクリスマスを
迎えられることを願うばかりです。

年末年始に向けて慌ただしくなるかとは思いますが
より一層、体調管理に気を付けて過ごしていきたいと思います。