スタッフブログ

獅子倉賢治

営業部リニューアルチーム

夏休み

こんにちは。獅子倉です。

梅雨明けから毎日、厳しい暑さが続いておりますが
皆様、お身体の調子を崩されてはいないでしょうか。

それにしても本当に暑いですね。
毎日35度以上が当たり前になってきました。
この業界、外での仕事も多いので、熱中症予防は
欠かせない現場管理項目の1つになってきました。

屋内、屋外問わず、日々、現場で作業される皆様には
本当に感謝するばかりです。
協力会社の皆様、いつもありがとうございます。

毎日、暑い暑いと言いながらも、暦の上では立秋。
夏も終わりへと向かって行きます。
まだまだ秋とは思えないですが・・・。

そしてこの週末からは、弊社も夏季休暇となります。
8/10(土)~15(木)までが夏季休暇です。
皆様にはご不便をおかけするかと思いますが
ご理解の程、よろしくお願い致します。
また、8/16(金)から通常営業となりますので
引続きどうぞよろしくお願い致します。

この間、台風も近づいているとの天気予報も出ておりますので
帰省や行楽など、お出かけされる方は十分ご注意ください。
あるアーティストの歌の歌詞にも出てくる
ペルセウス座流星群が8/13に極大を迎えるとのことですが
今のところ台風の影響を受けそうです。
夏の夜空の流れ星。
ひとつでも見ることが出来たらいいですね。

 

 

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

「大河の一滴」

最近、五木寛之の本を読んでいます。

今までの私は、“陽”の本を好んで読んでいました。前へ前へというような考え方が好きで、いつも前を向きながら

人生を生きてきたように思います。私が生まれたのは、昭和33年5月。東京タワーが建ち、長嶋が巨人に入団し、

日本全体が国として亡くなるかもしれないというどん底から強烈なエネルギーを持ちながら未来をつくろうとして

いた時代。“陽”へ“陽”へと進んで来た時代。そんな時代に生まれ育った世代にとって、“陰”についてあまり思いたく

もなく思索しようともしなかったと思います。

しかし、陰があって初めて陽があり、光があることを、最近思います。

そのことを自分の人生から絞り出すように著してくれているのが、五木寛之氏だと思います。

「大河の一滴」に出会ったのは、近くの私立図書館でたまたま借りた映画のDVD「大河の一滴」。

それは小説を映画化したものではなく、「大河の一滴」に書かれた心の情景を物語にしたもの。

「大河の一滴」「他力」「人生の目的」。この三部作は、五木寛之の晩年の思索の集大成ともいうべき

もの。是非、一度読んでいただきたいと思います。

自分の人生を昭和と平成で半々生きてきて、令和となった。若い世代がこれからどう生きていく時代と

なるのか。そのことを最近よく思い考えます。

私の次男も何か人生に悩んでいるようです。それもよし。今あなたがいるのは陰。根っこを育てている

時間だと思う。いつか必ず、土から芽をいぶき、太陽の光を浴びる時が来る。

五木寛之は「人生の目的」の中で、“人生に目的は無い”と書いています。しかし、“人生に目的があると

したら、人生の目的を探すために生きてゆくこと”と書いています。生きることこそが生きる目的だと思います。

その中にこそ、何かが見つかり、何かが生まれる。

 

仕事の目的も、仕事を続けることだと思う。

 

池澤晴雄

営業部チーフ

日日是好日

中国地方が梅雨明け、関東・東海は来週、梅雨明けしそうです。

今年の梅雨は、梅雨寒でしたが、今日は暑かったです。

来週からは、毎日、暑い日(平年並み以上)が続くと思われます。

ところで、

日日是好日・・・禅語で、いろいろな解釈がありますが、

・日々について、良し悪しを考え一喜一憂することが誤りであり常に今

この時が大切なのだ。また、あるがままを良しとして受け入れる。

先日、森下典子さんの「日日是好日」-お茶が教えてくれた15のしあわせ-を読み、感動しました。

暑いだ、寒いだ、雨だ。

毎日がよい日。雨の日は、雨を聴くこと。この時を生きる歓び。

そんなことを感じさせてくれる、1冊でした。

私は、人には、あまり本は薦めませんが、この一冊は薦めたい、1冊です。

ところで、暑い日は熱中症に注意しながら、暑さを受け入れて、営業してます。

これからも、川木建設をよろしくお願いします。