スタッフブログ

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

感動をありがとう

やっと酷暑も終わり、様々なことが活動的にできる季節になってきました。
皆さんはこの時期をどう有意義に過ごされるのでしょうか?
私の一番はやはりゴルフ、自転車、野菜づくり、そして読書でしょうか?

私にとって、今年は本当に感動の多い年になっています。感動の涙がいくらあっても足りません。

スポーツですと
プロボクサーの村田諒太のリターンマッチの勝利によるWBC世界ミドル級
チャンピオン返り咲き。ボクシングを半世紀見てきた私でも、あんなに感動した試合は見たことが
ありません。熱狂的ボクシングファンの俳優香川照之さんは「生きていてよかった」と感動されて
いました。
そして、樋口久子以来、渋野日向子が日本人選手として40年ぶりに優勝した全英女子オープン。
相当なゴルフファンでもある私でも全く知らなかった渋野選手。あんなに試合を見ていて惹きつけ
られた選手は、女子ではいませんし、タイガーウッズ以来でしょうか?
来年のオリンピックのゴルフがたまらなく楽しみになってしまいました。(渋野のように打ちたくて
打ってしまうパットは1パットより3パットが多過ぎ)
そして、何と言っても世界ラグビーの歴史的勝利。それもラッキーなどではない、正に実力勝利。
「ノーサイド・ゲーム」を見て盛り上がっていたラグビー熱が、大きく強く燃え上がりました。
まだまだこれからがなんと楽しみなことか、言いようもありません。

「朝のNHKテレビ小説なつぞら」。私はなっちゃんが好きでたまりません。
本当に単純かもしれませんが、好きでたまりません。大樹おじいさんがなつを初めて受け入れる場面、
なつが柴田家の家族として抱擁される場面、“東京を耕してこい”といってなつを東京へ送りだす場面、
数々の名場面が私の心を揺さぶりました。本当にありがとうと言いたい。

そして、私にとっての一番の感動は、「ハウスカかすみ野」の竣工であり、事業のスタートでした。
現実の建物を見るまで、ここまで素晴らしい建物を建てていたのかと、正に感動でした。
川木建設で建てた最高の建築物だと思っています。こんな素晴らしい建物を川木に建てさせてもらえた
ことが感動の感謝です。

まだ、事業の完成はなっていませんが、その完成を持って更なる感動を伝えてまいります。

池澤晴雄

営業部チーフ

究極の幸せ

人に愛されること
人にほめられること
人の役に立つこと
人から必要とされること

導師は人の究極の幸せをこの4つといわれました。
働くことによって愛以外の3つの幸せは得られるのだ。
私は、その愛までも得られると思う。

日本理化学工業株式会社 大山泰弘 さんの話です。
 
川木建設株式会社の経営理念の
私たちは、最高の建設サービスを追求し、
お客様に喜んでもらえることを喜とします。

まさに、この喜んでもらえることに、通じていると思います。

私も、お客様に喜んでもらえることを喜びとします。
これからも、がんばりますので、よろしくお願いします。

ところで、彼岸も明けて、今年は少し遅めの日高市の巾着田はそろそろ 見ごろになります。

一句

墓守は 先祖代々 曼殊沙華   はるを

以上です。

鈴木省吾

営業部 部長

秋の便り

皆さん こんにちは

お陰様で、なんとか暑い夏を乗り切って参りました

皆さん、夏バテは大丈夫でしょうか

私は、基本夏が好きです・・・と言うよりもかき氷好きですが

9月半ばを過ぎ、過ごし易い季節が参りましたね

少し前には、各作業所は『熱中症に注意して』の言葉が、炎天下での作業に当たる

協力会社のみんなには、合言葉のようになっていました

そんな中、営業マンは、炎天下の直射日光に『参った、参った。熱い・暑い』を

口癖のように言っていました

そんな季節も早いもので、昨日は北海道で初雪のニュースが入ってきたり、

以前登った、燕岳のブログには、朝の気温が、3.5度

既に山も、季節も真冬に向かっていますね

真冬も楽しみですが、その前に紅葉も楽しみにしています

そんな中ではありますが、各作業所は着々と竣工に向けて

現場監督を筆頭に、各作業に当たってくれている協力会社の皆さまのお陰で

無事に無事故で上棟を迎える事が出来ました

竣工迄の残り約半年、現場の安全第一、お客様の笑顔を楽しみに皆で頑張って参ります

 

埼信様川越支店作業所 上棟いたしました