スタッフブログ

池澤晴雄 の記事一覧

担当業務営業部 担当マネージャー

営業部の池澤晴雄です。川越地域の皆様のために、より良い建物を作るため努力しています。現場監督として『実際の現場』を知っている経験と、国家資格であるマンション管理士・管理業務主任者としての知識を基に、お客様のご満足のため、日々努力を続けております。

大型連休

大型連休も終わりました。

それでは、国民の祝日はいくつ?

元日

成人の日

建国記念の日

天皇誕生日

春分の日

昭和の日

憲法記念日

みどりの日

こどもの日

海の日

山の日

敬老の日

秋分の日

スポーツの日

文化の日

勤労感謝の日

以上16日 あります。今年は、あと7日です。

ところで、私は、この連休を利用して、日光に行ってきました。

左甚五郎の作といわれる、「眠り猫」の所説の一つに、猫の彫刻の裏には雀の彫刻があり、猫が起きていれば雀は食べられてしまうが、猫が眠っていれば共に共存していける、という平和への願いが込められているとの事です。

猫を見ながら「平和」について考えさせられました。

(私の本棚)

生きがいについて  神谷美恵子 著 です。

ぜひ、ご一読を。

 

 

 

 

 

桜 満開

春が来ました。

川越も桜の花が満開です。

川越で私のおすすめは、川越女子高等学校の校門への通学路です。川越女子高校は、埼玉県では、浦和第一女子高校と並ぶ進学校です。1906年に川越高等女学校として創立された伝統校でもあり、学力はトップレベルを誇り、文武両道をめざし、運動部、文化部ともに多彩な部活動が行われてます。

川木建設で現在、剣道・卓球場の耐震補強工事を施工してます。今日、桜を見に行きましたら、生徒たちが、桜と校門をバックに記念写真をとっていました。

頑張れ「カワジョ」

私の本棚(今回からのシリーズです)

第一回は、私の座右の書です。

「京セラ フィロソフィ」です。

稲盛和夫著 サンマーク出版

仕事に、人生に。

 

 

 

 

 

 

オフィス・ランドスケープ

コミュニケーション倍増には、1960年代ドイツのクイックバナー社の提唱した概念が素晴らしいと、感じました。

固定した間仕切りを使用せず、ローパーティションと家具や植物で間仕切りを行うオフィスレイアウトです。

特徴として、

組織の変更が容易で、コミュニケーションの流れがよい。

小部屋形式、階数が違う、別棟になると、1日の中で、なかなか、顔を合わさない。

川越市内には、スーパー大手のYさんの本社事務所がありますが、この概念を取り入れて、建てられています。

空間は人に働きかける。

参加性が必要とされる会議では、長方形などの対面型とせず、できるだけ円か正方形に近い方がよい。とのことです。

参考にしたのは、「自分の仕事をつくる」西村佳哲さん本です。

追伸

私の俳句が文芸埼玉 第106号に載ってます。

さんすうの問題

小学校2年生のテスト問題

きよみさんの家からえきまで30分かかります。8時50分にえきにつくには、家を何時何分に出るとよいですか。

りゆうも、かんがえましょう。

回答

8時15分

8時20分だとぎりぎりで、あせるとあぶないから。

私なら、正解としますが、先生は?

ところで、正月に恒例の七福神めぐりをしました。今年は、千住宿千寿七福神巡りを行いました。

大黒天、布袋尊、寿老神、恵比寿天、毘沙門天、福禄寿、弁財天の7つの福と御朱印を集めました。

どこの神社でも、願い事は、一つ「健康第一」です。

皆様も、健康でありますように。

歯医者に行きたい

先日、通いつけの歯医者さんに定期点検に行きました。

その歯医者さんは、半年ごとに、はがきで通知がきます。

ただし、そのはがきのあて名は、自分で書いたものでした。

そもそも、歯が痛いとき以外は歯医者に行きたいと思いません。

その歯医者さんは、先生が一人で、診察台が10台、歯科衛生士さん(若

い女性)が、十数名いらっしゃいます。

診察台に患者が10名いて、それぞれに衛生士さんがいて、先生が流れ作業

のように、次から次にと、診察してます。

それだけ聞くと、悪い歯医者さんだと、思われますが、地元で大変人気が

あり、予約が1か月後になるほど、患者さんがいます。

観察していると、患者さんを、名前で呼びます。

また、説明を十分に分かりやすい言葉でしてます。

スタッフの皆さんが、笑顔で明るいです。

なるほど、ですね。

ところで、ヨリタ歯科クリニックのホームページを皆さん見てください。

近畿東海版の歯科医院部門で一位の歯医者さんです。

大阪の歯医者さんなので、なかなか、行けませんが、ホームページを見た

だけでも行きたくなります。

本で読んだ内容で恐縮ですが、患者のことを良く知る。患者の気持ちを大

切にする。これが、一番の魅力です。

こんな、歯医者さんに行きたい。