スタッフブログ

獅子倉賢治 の記事一覧

担当業務営業部 課長

営業部の獅子倉賢治です。 私は入社以来、総合建設の施工管理を14年間、住宅営業を6年間 経験してきました。 これからもお客様のご要望やお困りごとを、営業目線と工事目線から考え より良いご提案が出来るように努めて参ります。 ぜひお気軽にお声掛け下さい。

9月1日は防災の日

こんにちは。獅子倉です。
8月もあっという間に過ぎ去り、今日から9月。
このところの朝晩の涼しさに秋の気配を感じています。
とはいえ、日中はまだまだ暑い日が続くようですので
気温の変化と夏の疲れと合わせて体調には十分ご注意ください。

さて、今日9月1日は「防災の日」。
こちらは1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災に由来し
様々な災害について認識を深め、災害に対する備えを
充実させることを目的に、1960年(昭和35年)に制定されました。

私たち建設業界にとっても、様々な建物で暮らす皆さまの生命や
安全を守ることを改めて強く認識する大切な日であります。

近年は地震だけではなく、豪雨による水害や突風、猛暑などによる
自然災害が多く発生しています。

これからも地域の建設会社として、川越を中心とした地域の皆様が
安心して暮らして頂ける、安全な建物づくりを施工して参ります。

その一環としてこの6月から、新たに一連の建設生産・管理システムの
効率化や高度化を図ることを目的として「BIM(Building Information
Modeling)」を導入しました。
詳しく説明すると文章のボリュームが多いため割愛しますが、本格的な
BIMの運用に向けて「BIM推進化チーム」のメンバーが先行して、操作方法や
活用法などの検討を進めております。

建築というものづくりの技術の伝承と、新たなシステムや技術へのチャレンジを
推進しながら、これからもより多くのお客様に喜んで頂ける「斬新な老舗」を
目指して参ります。

 

 

安全大会

こんにちは。獅子倉です。
本日、7/15は弊社協力会である川木建設大黒会(だいこくかい)の安全大会が
3年ぶりにウエスタ川越の大ホールで開催されました。

年に一度の安全大会は、弊社と協力会社の皆様の大切な交流の場であり
安全意識の啓発や安全活動の推進には欠かせない行事でした。
これまでコロナ禍で2年間の開催中止。
久しぶりに集まった協力会社の皆様の雰囲気は、改めて安全に対して
気を引き締めようという、ピリッとした雰囲気を感じました。

日々、安全に過ごせることは当たり前のことでは無く、一人一人の
安全に対する意識や行動といった努力の結果だと思います。
毎日その意識を保ち、高めることは簡単なことではなく、時には油断したり
過信をしたり、傲慢になってしまうこともあるようです。

災害はその隙を見逃しません。
今日も無事に一日を過ごせたことに感謝し、明日もまた隙のない行動で
安全な一日を過ごし、笑顔で一日を終わりたいものです。

どうぞ、ご安全に!

一年間、安全活動に貢献した皆様が安全表彰を受けました。
受賞された皆様、おめでとうございます!

新体制

こんにちは。獅子倉です。
弊社は6月1日から、新たに58期を迎えました。
そして営業部は新たな体制に変わりました。

これまで常務取締役営業部長を務められていた鈴木常務が常務取締役(建設事業担当)に
営業部長には工事部長である杉田部長が兼任で就任されました。

また、昨期まで工事部リニューアルチームの所属だった渡辺担当マネージャーが
営業部営業チームに配属となりました。

杉田部長以下、私獅子倉と池澤担当マネージャー、渡辺担当マネージャー
芳野サブチーフの5人体制で、新たに営業部営業チームとして活動をしていきます。

こちらのスタッフブログで、どんな人たちなのかチェックしてみてくださいね!!

もうすぐ5月

こんにちは。獅子倉です。
こちらのブログでも紹介されておりますが、4月1日に3名の新入社員が入社しました。
現在は他部署研修中で、私たち営業部にも順番に2名の新入社員が研修に来ました。
入社してからの約1ヶ月、あっという間に過ぎ去ったのではないかと思います。

そしていよいよGWの大型連休。社内では部長から新入社員へ、連休明けも元気に
出社するよう、そして5月病にならないようにとお話がありました。
それに対してある新入社員から「ここ2年間は大学生活もリモートだったので5月病を
知らないです」と・・・。

直接人と関わることの少ないリモート生活では、対人関係のストレスは少ないのかもしれません。
そのような環境から、人と接し、人に関わる環境に変わって、こちらが思っている以上の
ストレスや精神的な負担もあるのかもしれません。

幸い、3名の新入社員は明るく元気に毎日を過ごしているようです。
今年も5月病知らずで過ごしてもらいたいです。

上棟式

こんにちは。獅子倉です。
去る3月19日、川越氷川神社様の隣で施工中の氷川の杜整備計画の現場において
上棟式が執り行われました。

前日の夜から降り続いた雨も止み、段々と青空が広がっていく穏やかな
天気の中での上棟式。
今、形作られているものの一つ一つが、この先の100年、200年の
歴史を刻んでいくのかと思うと、目の前の現実と想像する未来が混在して
何とも不思議な気持ちでいました。

これからの工事がどうか無事故で滞りなく施工されますように。


頼もしい現場監督たち
(左から山田くん、現場代理人の廣瀬係長、長谷部くん)