スタッフブログ

渡邉暢浩 の記事一覧

担当業務「医療・介護・福祉・地域」事業

真摯に誠実に! お客様へのひと言:他社との最大の違いは社員の人間力です。必ずお客様を幸せに近づけるこころと技術を持っています。

コロナに想う 2

つくづく想います。今、起きていることの意味を。

一言で言えば、今起きていることは、私たちの傲慢への反省を私たちが受け入れられるか?ということだと。

私たちの傲慢によって、私たちの生活の利便性を追い求めてきたがゆえに、私たちが作ってしまったウイルス

という人工的自然物からの攻撃に他ならないと思います。

私たちの命という寿命に対する傲慢的な欲望、物に対する傲慢的な欲望、そういう傲慢的な欲望から生まれた

のが今回のウイルスの発生だと。

必要のない集中、密集。太陽が与えてくれた日光を超えた、人工の明かり。朝の意味、昼の意味、そして夜の

意味を忘れた我々の時間・季節を忘れた傲慢。すべてが私たち人間の傲慢が生んだ産物。

その産物をコロナウイルスが今あぶりだしてくれているのだと思います。

そのことを私たちは素直に理解し、受け入れ、変えていかなければいけないと思います。

多くの病にかかった人は、病から多くのことを学んだといいます。

私たち社会が一瞬にして大きな病にかかった。

私たち社会は、このことの意味を素直に理解し、多くのことを今学ぼうとしているのだと思います。

そして、私たちは、本当の意味の基本を取り戻さなければならないと思う。

自分の手、自分の手が触るもの、その清潔さを保つこと。ワクチンや治療薬を人類の科学に期待する

のは、当たり前といえるかも知れません。但し、それも人類の科学による傲慢かもしれませんし、

過信かもしれません。自分で作ったものを、自分の手で殺そうとする傲慢かもしれません。

必要のない食べ物まで経済的に生産し、廃棄する。そんな傲慢な経済生活を整理・整頓しなければならないと

思います。歴史が繰り返すように、ウイルスの発生も繰り返されるでしょう。

それは、いつも、私たちの傲慢さが、一線を越えた時に起こる。

それは、心と物のバランスを失った時に起こる。

ウイルスの発生をなくすことができるものは、私たちの心の中にこそあるものと私は信じます。

コロナに想う(今我々にできること)

緊急事態宣言が発出されて一か月が経ちました。

毎日毎日、新型コロナウイルス関連の報道が続いています。

私も今年は福岡への里帰りも出来ず、半ば在宅勤務中という状態です。

それは今の状況であれば、仕方なく、みんなでこの状況を乗り切っていくしかありません。

田舎の兄に電話すると、東京近郊に住んでいる人が田舎に来ることはやはり特別な目で

見られてしまうよと言われました。

一人で住んでいる母に電話しても、毎日毎日コロナのことばっかりやね、と笑って元気に

してくれていました。

 

先日、政府の新型コロナウイルス対策専門家会議の副座長の尾身茂氏が、コロナとの戦争

だという表現はやめたほうがいい、共生していくしかないと言われていたとのことを聞きました。

私もそう思います。人間と人間の傲慢と欲望、そして相手を否定していく考えが戦争を引き起こす。

コロナウイルスは、ある意味で人間の傲慢と欲望が生み出した自然界の生物でしょう。

共に生きていくしかありません。ただ今はコロナウイルスを受け入れる人間の免疫力

がありません。

 

人を受け入れる免疫も、コロナを受け入れる免疫も、こころとからだの違いはもちろんあります。

我々が乗り越えられない試練はありません。それは相手を受け入れることからでしかできないと思います。

 

科学の力を信じて、毎日できることをやっていくしかありません。5Sの基本を再度自分の中に根付かせる

ことだと思います。人間の優しさが試されているのだと思います。

こういう時にこそ、人を受け入れ優しくできる自分を作っていきたいと思います。

 

命の危機にある医療現場で働かれている方々の強い使命感に敬意を表します。

 

医療に感謝

今、世界が、日本が、新型コロナウイルスに苦悩しています。

なぜ、こんなことが起こるのか? 我々は素直に受け入れなければならないことがあるのではないかと思います。

豊満と傲慢。人類だけが60億という人口に膨らませてきたこの過剰な欲望に対する自然界からの驚異的警鐘と

私は思っています。

しかし、この今ある危機を、必死の思いで食い止めようと日夜懸命に使命感を持って立ち向かっている医療関係者の

方々に、敬意をもって感謝いたします。

一週間ほど前、私の妻から突然携帯に連絡が入りました。緊急入院・手術をするとのことで、すぐに病院に来て欲し

いと。要因は、喉の奥に刺さった牡蠣の殻を取り除くためとのことでした。医師からいろいろなリスクを説明され、

万が一のこともありえるとの的確な判断の説明を受け、手術・全身麻酔・ICUでの人口呼吸2日間の治療が必要との

こと。すぐに了解し、無事手術は完了、人口呼吸管も取れ、退院できました。

手術の判断・執刀をしていただいた医師、それを支える看護師の皆さん、あまりに信頼せずにはいられない使命感を

私は強く受け取りました。

改めて、医療の領域で強い使命感を持って、我々の命を守っている方々に敬意と感謝の念を強く抱きました。

今、正に医療崩壊が現実のものとなることが、迫っています。

我々市民は、自分たちに出来ること、それを真摯に考え実行していくことしかできません。

「行動変容」。このことが、今最も重要であり、そして唯一できることであると思います。

個人として、家族として、仕事をするものとして、そして市民として。

 

川越市内の小・中学校の生徒の皆様へ、5月になったら笑顔でみんなと会えることを願って、川木より

木材の端材を提供させていただくことご案内をさせていただいています。

 

 

 

 

安全・安心な県、埼玉へ

世界が新型コロナウイルスで委縮しています。

相手が見えない不安、これからが見えない不安ほど不安が増す不安はありません。

そんな時ほど、基本に戻るしかありません。中国国内が今の(不)衛生状態を続ける限り、

また見えない相手は必ず登場し、人間を不安にしていくことでしょう。

中国は、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5Sを学び、国家として取り組んでもらいたいものです。

 

話は変わりますが、埼玉県(庁)の令和2年度予算が発表されました。

過去最大規模の1兆9600億。

昨年、埼玉県も大きな災害被害に苦しみました。ウイルスとは少し違い、自然災害はある程度は予知・予測

が出来ます。そのための対策費を大きく計上しました。

埼玉は津波の心配はありませんが、昨年起こった水害被害。特別養護老人ホームのキングスガーデン、

高坂のピオニウォークの一階が水没に近い状況となり、埼玉に住む人、仕事する人の目が、

災害に目が覚めたのではないでしょうか?

しかし、守るだけでは発展は無し。

今、川越・鶴ヶ島・坂戸を中心とした企業立地時代が訪れています。

過去を清算し、未来を創ることを夢見て、これから、私達はこの地域の未来の発展の一翼を担うため、

頑張ってまいります。

 

 

毎日感動

まずは、最近毎日見ているNHKの朝のテレビ小説。直近で感動の嵐が私の心を吹き荒れたのは、「なつぞら」。
北海道の十勝と東京を舞台にしたドラマ。十勝に受け入れられ成長し、東京を耕しにゆくなつ(広瀬すず)。
十勝を耕し、なつを受け入れた泰樹(草刈正雄)。十勝を愛し、十勝を描き死んだ天陽。みんなが私の感動の
人物でした。
もうテレビ(録画ですが)で朝のテレビ小説を見続けて5年くらいでしょうか。あまりに元気をくれるこの番組が私は好きで
たまりません。それから、テレビでは見ていなかった「ちゅらさん」「あまちゃん」「花子とアン」を見て、毎日
涙し感動しました。いまは「ごちそうさん」ですね。「スカーレット」も。100作を超えている。これはすごいです。
1961年から始まって今でも続いている番組なんて。

仕事では、今私が出向しているHauskaaかすみ野。建物はアートです。すばらしいです。川木が建築した最高の建築物でしょう。
但し、川木だけではとてもできなかった建築物、設計会社とでもできなかったでしょう。その法人の理事長のアートがここまでの建築物
に仕上げたのは間違いありません。
建物もそうですが、その発想がさらにすごいと思っています。今までにない、元気ではあるが不安を持つシニア世代のための住居。
完全な自立でもなく、依存でもない住環境。これからの超高齢社会の本質を見抜いて作られた住まい。それがHauskaaかすみ野。
地域の広場環境の再生と本質的なシニア世代の住居。まさに感動の空間です。
しかし、そこは誰もが知らない住空間。賃貸マンションとして事業構築した以上、その価値を自分の価値として認めた方々に住んでもらわなくては建築し運営体制を整えた意味がありません。
ここに、今までの社会には無かったものを社会の価値ある存在にしていくことこそが、この事業を始めた最も大きな試練だと思っています。
最近ある金融機関の全店舗を訪問しました。地域に向いている気、笑顔で包み込む気、まさにこのことだと感じました。
全店舗がそうなっていました。私は素晴らしいと思いました。感動しました。だから全店舗を訪問できたと思います。

そしてというより、なにやってるのと言いたい私のゴルフ。なかなか感動の・・・とは言えない状況です。しかし、感動の・・・を
目指して日々精進努力をしていきたいと思います。

最後は、感動ダウンしてしまいましたが、毎日が感動の日々です。その感動をいただいている方々に感謝しております。そして、その感動を
与えられる自分であるよう年は若くはありませんが、心を若く、いや心を元気にしていきたいと思います。