スタッフブログ

獅子倉賢治 の記事一覧

担当業務営業部リニューアルチーム

営業部リニューアルチームの獅子倉賢治です。 私は入社以来、総合建設の施工管理を14年間、住宅営業を6年間 経験してきました。 これからもお客様のご要望やお困りごとを、営業目線と工事目線から考え より良いご提案が出来るように努めて参ります。 ぜひお気軽にお声掛け下さい。

もうすぐ夏休み その2

こんにちは、獅子倉です。

私の前の渡邉チーフがブログに書かれたように、もうすぐ夏休みの方も
いらっしゃるかと思います。
休みの過ごし方はそれぞれかと思いますが、以前聞いた
「おうちのお掃除セミナー」では『大掃除は夏にするといい』と
言っていました。

暑い中の大掃除なんて、ちょっと気が引けますが・・・

実は、その暑さで、汚れが落としやすくなっているというのです。
特に油汚れの激しいキッチンや換気扇は、冬の寒い時では
油が固くなっていて落ちにくく、夏の暑い時では油が柔らかく
落としやすくなっているというのです。

確かにそう思います。

ただ、ただ・・・

自分が暑さで溶けてしまいそう・・・

強い気持ちをもって・・・

夏の大掃除、頑張ってください!

暑さで体調を崩されないよう、お気を付けください。
楽しい夏休みになりますように!

梅雨ならでは

こんにちは。獅子倉です。

梅雨に入りましたが、晴れの日の暑さは体に応えますね。
皆様、体調管理にはくれぐれもお気を付けください。

この時期、数日続く長い雨や急な豪雨など、普段の降り方とは違う
雨の降り方で、雨漏りが発生することがあります。
建物の経年劣化や、雨樋や排水口の詰まりなど原因は様々ですが
建物の中に雨が入ることは放っておけないですね。
緊急の対応も少なくありません。

屋根や壁のひび割れ、排水口や雨樋の詰まり等
雨漏りの原因になりそうな部分は早めにメンテナンスを
しておきましょう。

また、この時期はエアコン交換が多くなる時期です。
急にエアコンが止まってしまって交換することが多くなります。
設置から10年を過ぎているエアコンは、いつでも取替時です。

ご予算やご都合に合わせて、早目の交換をお勧めします。
6~9月は、機械も人手も不足し、すぐには交換できなくなります。
機械が動いているうちはもったいなくて交換したくないものですが
冷暖房を使わない春や秋に、思い切って交換することも
暑い夏や寒い冬を安心して過ごすために良いかと思います。

季節によって建物や、付属する設備には様々な負担がかかります。
早め早めのメンテナンスで、建物を永く快適にお使いいただけると
安心かと思います。

何かと鬱陶しく感じる梅雨ではありますが、雨の後の虹は
気持ちを晴れやかにしてくれますね。
偶然見つけた虹を、社屋から撮ってみました。
夏の準備、そろそろ始めましょう。

KIMG0913.JPG"

こんにちは。獅子倉です。

先日、弊社のとある先輩が海釣りに出かけたそうです。
その日は入れ食いの大漁で、あっという間にイナダが
クーラーボックスいっぱいに釣れたそうです。

それを聞いて、刺身にしたら美味しいだろうな~と
釣ることよりも食べることばかり想像してしまいました。

ただ最近は、魚の中に「アニサキス」という寄生虫がいて
食中毒を起こす件数が増えているのだとか。
ちょっと怖いけれど、刺身も捨てがたい。
そんなことで悩む今日この頃です。

さて、建築材料の木材やフローリング材でも
似たようなことがあります。
キクイムシやシロアリなどが木材の中にいたり
産卵した卵が残っていて、おうちが完成して住み始めてから
成虫になり木材を食べてしまうことがあります。

実際に入居してしばらくすると、フローリングに小さな穴がいくつも空いていて
原因を調べるとシロアリが成虫になり、フローリングを食べていたそうです。

もし、床や柱などに小さな穴がたくさん開いていたら
シロアリが発生している可能性もあるので、害虫駆除業者さんなどに
問合せて見ると良いです。
もちろん、弊社にお問合せ頂きましたら、しっかりと調査させて頂きます。

これから梅雨になると湿気も多くなりますので、柱や床下などの
木材が湿っていたりしていないか、穴が空いていないか
注意してみてくださいね。

ではまた、次回。

4月

こんにちは。獅子倉です。

このところ気温の変化が激しく、すっかり春のような陽気かと思えば
まるで冬に戻ったかのような寒い日になったりと、体も着るものも
天候に振り回されています。

どうぞ、風邪などひかぬよう体調管理には気を付けてください。

いよいよ今日から4月。
今年も川木建設には3名の新入社員が入社しました!
入社式の様子はこちらから↓↓↓
http://www.kawamoku.com/news/2017/04/29_1.php

一足早く桜の花も咲き始め、新しい門出をお祝いしてくれています。

桜と言えば「お花見」ですが、桜の木は建築用の木材としても有名です。
多くはヤマザクラが使われるようですが、木目や木肌が美しく、硬さも
やや硬いことから、床材や家具などに使われます。

見た目の花の美しさだけでなく、見た目ではわからない強さと
中身(木肌)の美しさを併せ持つ桜が、私たち日本人の価値観と合い
長い間、親しまれているように思います。

この頃咲き始めた桜も、この一週間が見ごろでしょうか。
欲張りな私は「花より団子」ではなく「花も団子も」。
わずかな期間ではありますが、お花見でも楽しみたいものです。

DSC_0750.JPG

昨年、自宅近所の土手で見た夜桜

水を止める

こんにちは。獅子倉です。

立春を過ぎ、春一番も吹いたとのことで、だんだんと

春が近づいてきたようです。

そして今年も花粉が飛んできてますね。

このところ、目と鼻がかゆくなってきました。

桜が咲くころまで、受粉ですね。

突然ですが、下の写真の部材は何をする

部材でしょうか??
KIMG0658.JPG"

正解は・・・

KIMG0656.JPG

水道管の水漏れを止める「補修バンド」です。

写真の箇所は、給湯管に穴が開き漏水していました。

そこに「補修バンド」を取付けました。

漏水している管を補修バンドで挟み込み、端部に付いている

ボルトを締め込んでバンドを固定します。

このとき、バンドの内側のゴムが漏水している穴を圧力で塞いで

漏水を止めます。

なぜ補修バンドをご紹介しているかというと、先日、私は初めてこの

補修バンドを見たからです。

ただそれだけです。

水が止まった時は感動しました。

ただ、鼻には付られないので花粉症の鼻水は止まりません。

以上。

ではまた。