スタッフブログ

池澤晴雄 の記事一覧

担当業務営業部 担当マネージャー

営業部の池澤晴雄です。川越地域の皆様のために、より良い建物を作るため努力しています。現場監督として『実際の現場』を知っている経験と、国家資格であるマンション管理士・管理業務主任者としての知識を基に、お客様のご満足のため、日々努力を続けております。

礼儀マナー研修

10月13日(金)先勝icon:rainy に礼儀マナー研修を受講しました。icon:glasses

組織風土を構築する「会社の作法」
お客様との作法 10の法則を学びました。icon:face_embarrassed

CS(顧客満足)=商品×価格×ブランド×サービス

顧客が満足するには4つの要因がある。
その中で、やはり、人的サービスが一番大きな要因である。
私は営業ですが、私もそう感じます。icon:face_smile
その中で、
お客様との接点において、満足サイクルに繋がる言動は重要です。
お客様への説明、報告、連絡、相談において、専門用語を一般の人でも理解できる表現で
説明をしようと、再度、認識しました。

マナーには意味がある。理解してから行動する。
お客様の視点で自己の仕事を観る、考える、そして行動する。icon:body_biceps

そんなことを学んだ一日でした。icon:face_embarrassed

これからも、お客様の為に何ができるか、考えて行動してまいります。
ご支援、よろしくお願いいたします。icon:face_smile

 

 
 

川越市立菅間第二学校給食センター 稼働

9月4日(月)からいよいよ、川越市立菅間第二学校給食センターが稼働しました。icon:face_smile

川木建設はSPC 株式会社川越学校給食サービスの構成企業の一員として参加しています。

1日あたり12,000食を市内の小学校、中学校・特別支援学校の児童・生徒に提供します。

川越に本社を置く川木建設として、このような事業に参加できたことに、大変ありがたく思います。icon:face_chomp

経営理念に「私たちは、地域のつながりを大切にし、地域の信頼をもとに地域社会に貢献します」

まさに、理念の実践と思います。icon:body_peace

これからの、未来を担う子供たちに安全・安心でおいしい給食を提供してまいります。

また、この施設は災害時にも対応しています。

地域社会に貢献してまいりますので、これからも、よろしくお願いします。icon:face_smile

hi170905-kyusyoku1.jpg

hi170905-kyusyoku2.jpg
hi170905-kyusyoku3.jpg

埼玉建築文化賞 

川木建設が施工させていただいた作品、「川越富士見の住宅」が第4回埼玉建築文化賞の最優秀賞(住宅部門)を受賞しました。icon:face_smile

 作品名 川越富士見の住宅
 会社名 筒井公一建築研究室一級建築士事務所 様 (設計)
 応募者 筒井公一 様

この賞は(建築士会HPより)
地域の特性を活かし、かつ、景観的にも機能的にも優れた建築物等を表彰することにより、建築文化・居住環境に対する一般市民の認識を高め、文化の香り高い魅力に満ちた快適なまちづくりを進めていくことを目的としています。

川木建設の施工技術で、設計者及び施主の想いを実現させていただいたことは、大変、うれしいことです。icon:face_smile

これからも、施主様、設計者様の想いを、形に、施工技術を磨いてicon:body_bicepsまいりますので、よろしくお願いします。
ありがとうございます。icon:face_smile

お引渡し

6月7日(大安) 
(仮称)ひまわり工房新築工事 の 竣工お引渡しを行いました。icon:face_smile

この建物は障害者就労支援を行います。

まさに、ノーマライゼーションです。

ノーマライゼーションの運動を牽引したベンクト・ニィリエの考え方の八つの原則を引用します。

その中の一つ

 一日の普通のリズム
朝ベッドから起きること。たとえ君に重い知的障害があり、身体障害であっても、洋服を着ること。そして家を出、学校か、勤めに行く。ずっと家にいるだけではない。朝、君はこれからの一日を思い、夕方、君は自分のやり遂げたことをふりかえる。

一部です。その考えのお手伝いの実践だと思います。

川木建設が、このような建物の建設をさせていただいたことに、感謝します。icon:face_smile

わが社の経営理念の一つに

   私たちは、地域のつながりを大切にし、地域の信頼をもとに地域社会に貢献します。

建設を通じて、地域社会に少しでも、貢献してまいりますので、これからも、よろしくお願いします。

俳句を一句icon:face_smile

   ふる里の 雲遊ばせし 植田かな             はるを
                             

おーいお茶

色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす

新茶の季節がやってきました。icon:face_smile

狭山市郊外を走ると、茶畑が広がっており、すがすがしい気分になります。

本日、お客様であるお茶icon:teaの販売店に寄ったら、新茶の茶摘みは例年5月2日ぐらいですが、

今年は、少し遅れそうとのことです。icon:face_embarrassed

狭山茶icon:teaは仕上げの段階で高温で乾燥させる「狭山火入れ」という独特の方法により甘みの

ある濃厚なお茶になります。

狭山茶は生産量が少ないので、最近では、国内生産量二位の鹿児島茶に日本三大茶の

座を奪われそうですicon:face_embarrassed

 みんなで、狭山茶を飲みましょうicon:face_smile