スタッフブログ

池澤晴雄 の記事一覧

担当業務営業部チーフ

営業部チーフの池澤晴雄です。川越地域の皆様のために、より良い建物を作るため努力しています。現場監督として『実際の現場』を知っている経験と、国家資格であるマンション管理士・管理業務主任者としての知識を基に、お客様のご満足のため、日々努力を続けております。

埼玉建築文化賞 

川木建設が施工させていただいた作品、「川越富士見の住宅」が第4回埼玉建築文化賞の最優秀賞(住宅部門)を受賞しました。icon:face_smile

 作品名 川越富士見の住宅
 会社名 筒井公一建築研究室一級建築士事務所 様 (設計)
 応募者 筒井公一 様

この賞は(建築士会HPより)
地域の特性を活かし、かつ、景観的にも機能的にも優れた建築物等を表彰することにより、建築文化・居住環境に対する一般市民の認識を高め、文化の香り高い魅力に満ちた快適なまちづくりを進めていくことを目的としています。

川木建設の施工技術で、設計者及び施主の想いを実現させていただいたことは、大変、うれしいことです。icon:face_smile

これからも、施主様、設計者様の想いを、形に、施工技術を磨いてicon:body_bicepsまいりますので、よろしくお願いします。
ありがとうございます。icon:face_smile

お引渡し

6月7日(大安) 
(仮称)ひまわり工房新築工事 の 竣工お引渡しを行いました。icon:face_smile

この建物は障害者就労支援を行います。

まさに、ノーマライゼーションです。

ノーマライゼーションの運動を牽引したベンクト・ニィリエの考え方の八つの原則を引用します。

その中の一つ

 一日の普通のリズム
朝ベッドから起きること。たとえ君に重い知的障害があり、身体障害であっても、洋服を着ること。そして家を出、学校か、勤めに行く。ずっと家にいるだけではない。朝、君はこれからの一日を思い、夕方、君は自分のやり遂げたことをふりかえる。

一部です。その考えのお手伝いの実践だと思います。

川木建設が、このような建物の建設をさせていただいたことに、感謝します。icon:face_smile

わが社の経営理念の一つに

   私たちは、地域のつながりを大切にし、地域の信頼をもとに地域社会に貢献します。

建設を通じて、地域社会に少しでも、貢献してまいりますので、これからも、よろしくお願いします。

俳句を一句icon:face_smile

   ふる里の 雲遊ばせし 植田かな             はるを
                             

おーいお茶

色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす

新茶の季節がやってきました。icon:face_smile

狭山市郊外を走ると、茶畑が広がっており、すがすがしい気分になります。

本日、お客様であるお茶icon:teaの販売店に寄ったら、新茶の茶摘みは例年5月2日ぐらいですが、

今年は、少し遅れそうとのことです。icon:face_embarrassed

狭山茶icon:teaは仕上げの段階で高温で乾燥させる「狭山火入れ」という独特の方法により甘みの

ある濃厚なお茶になります。

狭山茶は生産量が少ないので、最近では、国内生産量二位の鹿児島茶に日本三大茶の

座を奪われそうですicon:face_embarrassed

 みんなで、狭山茶を飲みましょうicon:face_smile

桜咲く 竣工お引渡し

桜が咲きましたicon:cherryblossom

東京に桜icon:cherryblossomの開花宣言が出ました

 ホットする気候ですicon:face_smile

3月18日にnonaka様本社新築工事の竣工引き渡しを行いました
川木建設の設計・施工です。
お施主様の夢のお手伝いをできる、建設会社でよっかたと、つくづく、自分の職業がよい職業だと思います。
何もない土地に、お客様の夢を、設計し、建物をつくり、お客様が希望を持って、使われる。
なかなか、緊張する職業です。

また、3月25日にさくらんぼ第二保育園様の竣工式が行われます。
これもまた、日本の未来をつくる園児らを育てる空間です。

建物を建設することを、通して、日本の未来を創る 川木建設です。

これからも、よろしくお願いします。

ところで、俳句にも、いい季節icon:face_smileです。

    陽だまりの ふと力抜く 桜かな icon:cherryblossom  

ありがとうございました。icon:cherryblossom

リフレッシュ休暇

 お世話になりますicon:face_smile

 私事ですが、2月15日から23日までの土日をいれて合計9日間
休暇icon:face_smileをいただきます。

 勤続35年ということで、会社からの、7日のリフレッシュ休暇をいただきます。

 休暇の計画ですが、3日を両親のために、3日を愚妻icon:face_embarrassedのために、3日を自分のために使わせて
いただきます。
 両親ですが、今年88になる父と86になった母に感謝をし、妻には、1泊のicon:hot_spring旅行をプレゼント
します。

 そして、自分は、鎌倉に吟行旅行し、積極的休養をとります。
 先日、読んだ、奥村幸治さんの「一流の習慣術」のなかに積極的休養とは、ジョギングなどで
軽く身体を動かすことで、疲労を回復させるテクニックです。休日だからと寝て過ごすよりも、
公園を散歩するなどして軽い運動をした方が身体はすっきりします。血液循環がよくなり、身体
に溜まった疲労物質や老廃物が排泄されやすくなる。また、映画や仕事と関係のない読書など
で気分転換をして脳細胞をリフレッシュします。
 心技体をどう充実させるかを考えて、休みを過ごします。

休暇中、ご迷惑をかけますが、よろしくお願いします。
携帯icon:telephoneは繋がりますので、御用の方は、icon:telephoneをください。

 2月の俳句

 土破り 先頭切りし 蕗の薹         はるを

 春隣 嬰児ひらく 手のひらに        はるを