スタッフブログ

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

「川木の国から」

倉本聡。

この国はある意味でこの人に救われたものがあると思う。

「北の国から」。

このドラマが始まったのは、日本が高度成長期の真最中。

五郎さん、純、蛍、そうた兄ちゃん、みな皆々。

そのリバイバル放送が、今、毎週日曜BSで放送されています。

全部を見てから10年。

一つ一つの映像が再度心にしみます。

何故にしみるのか?

こころが必要としているからでしょう。

日本という国の人々が欲しているのだと思います。

何故、私が、「北の国から」を伝えたいのか?

それは五郎さんの「遺言」にあります。

“残せた「もの」は何もない、しかし、残すべき「こと」は残せた”。

この言葉は、今の日本人が、深く考えるべき「こと」だと思います。

そして、カワモクが、残してきたものが、まさにこの「こと」であると思います。

現在、過去、未来。

この「こと」を伝え続けることを私たちは約束します。

私が担当していることは、「命」をつなぐ「場」を作ること。

そのことを、地域の医療・介護・福祉を担う方々と、ともに進めてまいります。

160709nw-02.JPG"