スタッフブログ

獅子倉賢治

営業部リニューアルチーム

「断熱」の次は「遮熱」

こんにちは。獅子倉です。

先日、甲子園球場での高校野球も終わり、いよいよ夏も

残り少なくなってきたなと感じています。

とはいえ、まだまだ猛暑が続いていますね。

熱中症対策、そして夏の疲れで体調を崩されないように

気をつけてくださいね。

さて、夏の暑さ対策について、前回は「断熱」について書かせて頂きました。

今回は「遮熱」です。

「断熱」については、壁の断熱、窓の断熱などのお話をしましたが

「遮熱」については、一番熱の出入りの多い「窓」の遮熱のお話をします。

窓の遮熱で一般的なのは昔からよく見る「すだれ」や「よしず」です。

窓に熱が触れる前に、他のもので熱を遮っています。

部屋の内側に付けるものでは、カーテン類やブラインド類があります。

「すだれ」や「よしず」は熱を遮りながら風を室内へ通してくれるという

素晴らしいものではあります。

ただ、耐久性が低かったり、見た目を気にする方もいます。

また、強風や台風の時などはたたんでしまうこともあり、ちょっとした手間や

収納場所が必要になります。

そんな「すだれ」や「よしず」の長所を生かしながら、短所を改善したのがこちら。

↓ ↓ ↓ 「シェード」です。

ks150725-6.jpg"

このシェードは細か~いネット状のスクリーンになっていて、屋外側の

窓の上に取付けられたボックスから、ロールカーテンを降ろすのと同じように

スルスルスルとスクリーンを下へ引き下げて、窓の下についているフックに

引っかけて固定します。

軽量で操作も簡単、いつでも出し入れすることが出来ます。

この薄いスクリーンだけで日差しを82%カットすることができます。

お部屋の中から見るとこんな感じ。

上がシェードなし。下がシェードあり。

ks150725-3.jpg

ks150725-4.jpg

日差しをカットしても部屋が暗く閉ざされることはありません。

前回ご紹介した断熱窓とシェードを組み合わせるとさらに効果はアップします。

窓のサイズに合わせて大きさも揃っています。

もしご興味のある方は、是非お声掛け下さいね。

また写真のシェードの実物をご覧になりたい方は、弊社モデルハウスに

お越しいただき実際に見て、触れて、動かしてその効果を体感してください。

もちろん住宅以外の建物にも、条件を確認の上、取り付けることが出来ます。

実は私の自宅にもシェードが付いているのですが、これオススメです。

わが家では夏の暑さよりも、子供たちの夏休みの宿題を終わらせるのに

家の中がヒートアップしそうです・・・。