スタッフブログ

獅子倉賢治

営業部リニューアルチーム

「空気」のような存在

こんにちは。獅子倉です。

このところ「こんにちは」よりも「暑いですね~」という挨拶の方が

多くなってきたように感じます。

それにしてもこの暑さ、体調管理には十分注意したいですね。

さて、突然ですが、皆さんはカップラーメンやカップ焼きそばを食べたことがありますか?

「当たり前だよ」と怒られそうですが、あのカップラーメン、お湯を注いでから3分。

グーグー鳴るお腹をさすりながら待った後、熱々の麺とスープを「フーフー」と冷ましながら

食べたりしませんか?

でもその時、熱湯で熱くなったはずの容器を持って食べる人、多いですよね?

ラーメン屋さんのどんぶりは熱くて、どんぶりの上と下を指先で持ったりしますが

カップラーメンの容器って胴体の部分を持てたりしませんか?

紙の容器、発泡スチロールの容器と素材はいろいろですが。

それはどうしてでしょう??

実は「空気」が断熱材の役割をしてくれているのです。

紙の容器の場合、器の部分と外側の部分の二重構造のものがありますよね?

内側と外側の間の空気層が、熱を伝えにくくしてくれているんです。

発泡スチロールの場合は、素材の中にたくさんの空気を閉じ込めているので

その空気が断熱してくれています。

私はラーメン屋さんではなく、建設会社の社員なので、このことを建物に置き換えてみると

皆様ご存知の「ペアガラス」。

窓のガラスが二重になっていて、外側のガラスと内側のガラスの間に空気層をつくっています。

この空気層で外の熱を入れにくくしたり、お部屋の熱を逃がしにくくしています。

こんなつくりです。↓↓↓

ks150725-1.jpg"

さらにこの空気層が厚ければ厚いほど、熱を伝えにくくするので、ペアガラスよりもっと

断熱効果が高いのが「内窓」です。↓↓↓

ks150725-2.jpg

空気層には断熱だけでなく、音を伝えにくくする効果もありますので、ペットの鳴き声や

楽器の音が気になる方にも内窓はお薦めです。

いま、このような断熱リフォームをすることで「省エネ住宅ポイント」がもらえることもありますので

「部屋が暑くて(寒くて)困ってる」という方は、ぜひ川木建設にご相談ください。

壁の断熱よりも、窓の断熱の方が大事なんですよ。

熱の出入りは窓が一番多いですからね。

実は「空気」が快適な環境を守ってくれるんです。

長年連れ添ったご夫婦がお相手のことを「もう空気みたいな存在だよ」なんて

言うことがありますが、それって「今でも暑さ寒さ(困難なこと)から守ってくれる

頼りになる存在なんだよ」って、私には聞こえます・・・。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

もう3分経ちましたか?