スタッフブログ

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

かわもく「RUN伴」チーム

何とも楽しい時間を過ごさせていただきました。

先週の日曜日、川越市内を2つのルートから市役所を目指して、認知症の方・家族の方と”伴に走る”というイベントに参加させていただきました。

2ケ月ほど前に、突然夜福祉のドンより、川木から若いの3人「RUN伴」にお願いしますとのメール。

RUN伴って何?という感じ。そうですかと理解しすぐにOK。

ちょうど「ハウスカかすみ野」の建築現場にちょうどいい感じで若いの3人。
しかし、現場監督が息子のサッカーで出られず、それでは私が、ということで参加。

我々のルートは、川越の名所を訪ねながらのすこぶる恵まれたルート。
あらためて川越を楽しみ勉強し、走った?3時間。

霞ヶ関からの別ルート来た2つのチームが、川越市役所で合流ゴール。
オレンジ一色となった市役所前。市役所の方々もこんなにたくさんの方が結集されるとは思って
おられず、驚きの様子。

なんともすがすがしく、楽しかった時間でした。

一番のヒーローは、オリジナルのオレンジTシャツ5L希望だった、新入社員の加藤君。
5Lサイズは規格を大きくオーバーし、届いたのは2L。それを無理やり引き延ばして参加。

みごとみんなの人気者となりました。
来年は、他チームからトレードオファーが届くこと必至でしょう。

また、来年を楽しみに、より多くの方が注目してくれることを楽しみにしていますし、
そのための行動をしていきたいと思います。

若き2人に感謝。

20181001191825.jpg"
20181001191936.jpg