スタッフブログ

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

清祓式(きよはらいしき)

ある病院の解体工事をさせていただくことになりました。

昭和40年代に建てられた病院です。

その後その医療法人は医療・介護の両面で川越市をリードする

地域の医療・介護の中心として事業を拡大されてきました。

その発祥の場であるその病院(現在はクリニック)の解体。

一つの時代が終わり、一つの時代が始まる。

その為の神事。清跋式。

初めてその司会をさせていただきました。

一種独特の空気に包まれ、まさに、厳粛の極みのような空気

の中、思いの収斂がされた場となったと思いました。

過去を思い、未来を思う。そこに偉大な区切りがついた場に

なったのだと思いました。

過去を思い、未来を創る。「遺言」。

そのことに、我々川木建設の皆が関われていることに誇りを

持つとともに、責任を感じております。

一つのことが終わり、一つのことが始まる。

我々はその永遠なる過程・営みの中にいる。

その営み(造化)の一部であり、現在の主体であること

の自覚を持って、ともに進んでいきたいと思います。

ありがとうございます、としか、言いようがありません