スタッフブログ

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

空家問題を考えて

営業部 営業チーム 渡辺です。
PMチームでサ高住を担当しておりましたが、より包括的に、より高齢化問題に取組む為、営業部に異動しました。

少子高齢化によって、老老世帯、老単世帯、空家、空地と、段階的に地域の虚弱化が進んでいきます。何も、主体的に考えず実行していかなければ、ですが。

川越市もこの問題に対して動き出しています。頼もしい限りです。
但し、この問題は、行政だけで対応出来るものではありません。民間の事業者だけで、できるものでもありません。

川越市には、現在5000から6000の空家があると見られています。
それを自治会の力を借りて、まずその状況を集約することが始まっています。

その次には、その一戸一戸を、空家として特定する。

そして、その所有者を調査する。

そして、その所有者がどうしたいのかを調査する。

そこまでが、今年中に実行していかなくてはなりません。

今でも、その状況は、刻々と進行しています。

来年、いよいよ実行段階です。

来年を起点として、空家を減少させて行く動きが具体化します。

それも政策として。

この問題に対して、中心的役割を果たさなけれならないのが、行政であり、医療・介護であり、不動産・建築であります。

私は、この問題・課題に対して、行政・医療・介護を担う方々と、相互に依存関係を、人として築きながら、missionとして必ず進めてまいります。

まさに、タウン・マネジメントの時代に入りました。