スタッフブログ

渡辺暢浩

「医療・介護・福祉・地域」事業

安全・安心な県、埼玉へ

世界が新型コロナウイルスで委縮しています。

相手が見えない不安、これからが見えない不安ほど不安が増す不安はありません。

そんな時ほど、基本に戻るしかありません。中国国内が今の(不)衛生状態を続ける限り、

また見えない相手は必ず登場し、人間を不安にしていくことでしょう。

中国は、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5Sを学び、国家として取り組んでもらいたいものです。

 

話は変わりますが、埼玉県(庁)の令和2年度予算が発表されました。

過去最大規模の1兆9600億。

昨年、埼玉県も大きな災害被害に苦しみました。ウイルスとは少し違い、自然災害はある程度は予知・予測

が出来ます。そのための対策費を大きく計上しました。

埼玉は津波の心配はありませんが、昨年起こった水害被害。特別養護老人ホームのキングスガーデン、

高坂のピオニウォークの一階が水没に近い状況となり、埼玉に住む人、仕事する人の目が、

災害に目が覚めたのではないでしょうか?

しかし、守るだけでは発展は無し。

今、川越・鶴ヶ島・坂戸を中心とした企業立地時代が訪れています。

過去を清算し、未来を創ることを夢見て、これから、私達はこの地域の未来の発展の一翼を担うため、

頑張ってまいります。