スタッフブログ

記入者: 獅子倉 賢治
担当業務: 営業
2017.12.15
たった一杯。

こんにちは。獅子倉です。

今年もあと半月となりました。
大掃除、クリスマス、年末年始の用意と慌ただしくなってきました。
このところ、交通事故や火災も多く報道されていて
忙しい時だからこそ、落ち着いた行動が大切だなと感じています。

さて、今回はお仕事ではないお話。
落ち着くためではありませんが、先日、とあるコーヒー屋さんに
行ってきました。
「たった一杯で幸せになるコーヒー屋」の猿田彦珈琲さん。

オシャレな店内と、丁寧で親切なスタッフさん、そしておいしいコーヒー。
イメージを壊さないよう、詳しくは書きませんので(表現力が未熟で書けません)
気になる方は是非一度、行ってみて下さい。

忙しい毎日ですが、「たった一杯で幸せ」な時間を過ごすのもいいかもしれません。

テイクアウトのカップも素敵でした。

20171210_225650.jpg


私のブログは、今回が今年最後になります。
皆様、今年一年間、大変お世話になりました。
来る年が、良い年でありますことをお祈り申し上げます。
来年も宜しくお願い致します。

この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 渡辺 暢浩
担当業務: 医療・介護・福祉事業
2017.12.08
まちをマネジメントする

11月21日、私が参加している「彩の国人づくり政策研究連合会」の政策交流会が開催されました。

1部は、瀬川翠さんの講演。

2部は、パネルディスカッション。

3部は、政策研究チームの中間報告。

4部は、ワールドカフェ方式の交流会。

約200名の方々が集まり、地域の問題・課題を、様々な立場から何ができるのかの意見交換

が活発に繰り広げられました。

この企画を進め、実現したのは、研究会に参加した方々、その中でもこの交流会の開催担当

となった面々(私もですが)。

時には、さいたま市で、夜の10時、11時まで、討論・練習を重ね、どうなるのかわからないという

不安を持ちながら開催した交流会。

しかし、結果は大成功。

異業種の大変多くの方が、「まちをマネジメントする」とはどういうことなのか?

地域の価値とは?その価値を高めるには?次代の担い手を発掘するにはどうしたらいいのか?

様々な視点と、様々な立場、から熱気あふれる会話が繰り広げられました。

参加した皆さんが言われていました。

自分ができることを誰かのためにできる場、それが、地域の価値なのではないかと。

自分ができることを地域に集め、つなげていくこと。それが地域にとっての価値なのではないかと。

誰にでも、できることはある。歳も、性別も、能力も、関係なく。

その少しのできることを、誰かのために、やっていく。

私の尊敬するある病院の理事長先生が、その著書の中で言われていました。

地域とは、地理的なものではなく、自分がいる周りの人々なのだと。

私の「地域」という定義のもやもやが、晴れ切りました。

自分が今生きている、そこにいる人々が「地域」であると思ったとき、「地域のため」

という「目的」が明確に浮かび上がってきます。ありがとうございます、先生。

それは、「人に尽くす」ということに帰結するものだと思います。

まだまだまだですが、川木も私も。しかし、そこに向かってまいります。

%E6%94%BF%E7%AD%96%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%80%80%E4%BA%A4%E6%B5%81%E4%BC%9A.jpg


この記事のみを表示する(印刷用)
記入者: 池澤 晴雄
担当業務: 
2017.12.01
小江戸川越ハーフマラソンに参加

平成29年11月26日(日) 小江戸川越ハーフマラソンに参加しました。icon:body_peace

当日は、絶好のマラソン日和でした。icon:sun
総勢1万人 ハーフは6,000人が蔵造の町 川越を駆け抜けました。icon:body_run_away_right
わが社の社員も多く、参加いたしました。icon:body_run_away_righticon:body_run_away_righticon:body_run_away_right
沿道の皆様に、多くの応援と力をいただきましたおかげで、完走させていただきました。icon:body_peace

川木建設も、川越に明治2年5月に材木業を開業して以来149年目を迎え、
同じように 蔵造の町を 信頼を糧に、地域とともに 多くの応援と力をいただきながら、走り続けてまいりました。


 これからも、情熱と想像力をもって、誠実に「夢」を追い続けながら、走り続けますので、皆様のご声援を、よろしくお願いいたします。


 ちなみに、ゼッケンナンバー H4489は私です。icon:face_embarrassed
ありがとうございました。icon:hearts


この記事のみを表示する(印刷用)

このページの先頭へ